生物」?「多様性」?

それは、遠い存在の言葉ではなく、

いつも自分たちの身のまわりにあるもの。

 

未来を作っていく「わかもの」だからこそ、

真剣に生物多様性と向き合っていこう、

 

ひとつずつの「生き方」をつなげて

もっと強くなっていこう、

 

そんなのもと

私たち生物多様性わかものネットワーク

ができました。

 

 

facebookページでも活動内容を更新しています!


【2019/2/09~10】生物多様性わかもの会議のお知らせ

=================
 生物多様性わかもの会議
-愛知ターゲットの先を考えよう-
=================
※国際的な目標などはよく知らなくても
生物多様性に興味・関心があるという方、
ただただ生き物が好きだ!という方も大歓迎です。


もうすぐ達成年を迎えようとしている
愛知ターゲット。
日本のわかものは、2020年以降の
生物多様性の未来に対して何を求めればよいのか。
その為にわかものがすべきこと・できることは何か。

東京の自然に触れて生物多様性への思いを共有しつつ、
2020年に国際的に決定されるポスト愛知目標に向けて、
日本のわかものが目指す生物多様性の未来を
一緒に考えませんか。
--------------------------------------------------
【イベント詳細情報】
〇日時:2月9日(土)~2月10日(日)
〇場所:八王子セミナーハウス
   https://iush.jp/access/

〇参加費:全日程参加5500円(宿泊・9日夕食・10日朝食あり)、
 一部日程参加(宿泊なし)2000円
※参加費に交通費は含まれておりません(関東圏外の方には一部交通費の補助があります)

〇対象者:

生物多様性や自然環境に興味がある・活動している学生~若手社会人

〇タイムライン
2月9日
13:30 八王子セミナーハウス 集合
13:30~17:30 アイスブレイク・野外観察
17:30~18:00 チェックイン
18:00~19:00 夕飯
19:00~ 懇親会 (順番でシャワー使用)
2月10日
8:00~9:00 朝食・チェックアウト
9:00~11:00 【WS】 2020年までの若者のアクションを考えよう!
11:00~11:10 休憩
11:10~12:30 【WS】 若者がポスト愛知目標についてどうかかわっていくのか
12:40 八王子セミナーハウスで解散
(13:08野猿峠 発, 13:14 北野駅北口 着, 北野駅で昼食)

〇申し込み:コチラから↓↓
 http://bit.ly/2AAzgiF
〇お問い合わせ
biodiversity.youth.network@gmail.com

【2019/1/18】CBD-COP14に参加した団体のメンバーによる報告会

 

 

2018年11月末に開かれた第14回生物多様性条約締約国会議(COP14)にて、

日本のわかもの代表として二名が活躍していました。

海外ユース主催の生物多様性条約に関する能力養成ワークショップに参加した

経験と知識を活かして参加したCOP14。

生物多様性の問題とは、世界から見た日本の立場とは何かや、
生物多様性の2020年目標が終盤を迎えるなかで、私たちがコレカラすべきこととは何かなど、わかものの視点から見たCOP14での体験を共有します。

 

わかものによるわかもののための報告会です。

==================
「生物多様性と世界の未来」
~ユースから見たCOP14~
==========================

【イベント詳細情報】

●日時:1月18日19:00~21:00
●場所:中央区環境情報センター
    https://eic-chuo.jp/access/
●参加費:無料
●主な対象者
生物多様性や自然環境に興味がある・活動している学生~若手社会人
●申し込み:コチラから↓↓
https://goo.gl/forms/ZxGzImcnNQZ1gfW92
※オンライン配信可能⇑よりお申し込みください。
●お問い合わせ
biodiversity.youth.network@gmail.com

●主催:生物多様性わかものネットワーク
●後援:日本自然保護協会
※団体詳細はこちらから
Twitter https://twitter.com/wakamononet/

 

0 コメント

【無事終了しました】7/1(日)に第1回田んぼの生きもの調査フォーラム「生きものから考える田んぼの未来」を開催します

こんにちは、木村です。続く雨、喜ぶカエルたち、本格的な梅雨入りを感じるこの頃です。

今回は、今夏7月に開催されるわかものネット初の田んぼイベントをご案内します!

 

テーマは「田んぼの生きもの調査」!

田んぼの生物多様性を軸に地域・農村の抱える課題について考えてみませんか?

お米の生産し、生きものを育み、地域の文化的な財産でもある田んぼの価値を再発見する事ができる1日になるはずです。

 

**

ご案内

 

第1回田んぼの生きもの調査フォーラム「生きものから考える田んぼの未来」

 

開催趣旨

田んぼにおける食農教育、環境教育として「田んぼの生きもの調査」が全国的に展開してきましたが、現在その指導者が不足しているという課題があります。

そこで、若手に対し、田んぼの生きもの調査に実際に取り組む実践者からその事例と手法を伝えていただき、現在環境活動等に取り組む学生や若者が「田んぼを軸とした活動」に取り組むきっかけづくりを目的に、第1回田んぼの生きもの調査フォーラム「生きものから考える田んぼの未来」を下記の内容で開催いたします。

 

1. 日時:平成30年7月1日(日)

      受付開始9:30/開始10:00/終了17:00

 

 2. 場所:〒329-0529 栃木県河内郡上三川町下神主233-1(JR石橋駅から徒歩30分、タクシー5分)https://inasaku.org/center/

 

3. 定員:30名(事前申込み)

 

4. 参加費:(昼食込):社会人3,500(懇親会込5,000)、学生2,500(懇親会込3,000)

 

5. プログラム

1 田んぼの生きもの調査講座 

嶺田拓也(農研機構)

谷川徹(農と生きもの研究所) 

2 暮らしから考える田んぼの生きもの調査 ワークショップ

高橋朝美(一般社団法人環境パートナーシップ会議)

3 田んぼの生きもの調査体験会

谷川徹、嶺田拓也、船橋玲二(NPO田んぼ)、林鷹央(生きもの認証協会)

4 各地での田んぼの生きもの調査の取り組み

生駒祐一郎(いこまらいすせんたあ)、中川護(全農ビジネスサポート)、船橋玲二

 

6. 問い合わせ・お申込み

受付終了

 

主催:田んぼの生きもの調査実行委員会/生物多様性わかものネットワーク

後援:日本自然保護協会

協賛:農と生きもの研究所

 

0 コメント